2013年6月21日金曜日

Ubuntu 13.04 に TeXLive 2013 をインストール

TeXLive2013がリリースされたので入れてみましょう

$ sudo apt-get install perl-tk # GUIのインストーラーを使う場合入れる
$ wget http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
$ tar xvzf install-tl-unx.tar.gz
$ cd install-tl*
$ sudo ./install-tl -gui

フルインストールするなら -gui 付けないで、i 押したほうが楽。んでもって最後に自分でシンボリックリンクを追加する。


赤枠の部分を変更していきます


必要のないもののチェックを外します
よくわからなければ全選択のままでもいいでしょう
実際私は、どのパッケージが何に対応しているのか把握していません


チェックを入れます

"TeXLiveの導入"をクリックしてしばらく放置
終了まで数時間暇

ダミーパッケージの作成
$ sudo apt-get install equivs
$ cd /tmp
$ wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-control-ex.txt
$ equivs-build debian-control-ex.txt
$ sudo dpkg -i texlive-local_2011-1~1_all.deb

2013の場合
$ wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-equivs-2013-ex.txt
$ equivs-build debian-equivs-2013-ex.txt
$ sudo dpkg -i texlive-local_2013-1_all.deb

2014の場合
$ wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-equivs-2014-ex.txt
$ equivs-build debian-equivs-2014-ex.txt
$ sudo dpkg -i texlive-local_2014-1_all.deb

2015の場合
$ wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-equivs-2015-ex.txt
$ equivs-build debian-equivs-2015-ex.txt
$ sudo dpkg -i texlive-local_2015-1_all.deb

※ 以下のようなエラーが出たら
以前に未選択のパッケージ texlive-local を選択しています。
dpkg: texlive-local_2015-1_all.deb が texlive-local を含んでいることを考慮すると:
 texlive-base は texlive-common と競合 (conflicts) します
  texlive-common を提供する texlive-local がインストールされようとしています。
dpkg: error processing archive texlive-local_2015-1_all.deb (--install):
 パッケージの競合 - texlive-local のインストールは行いません
処理中にエラーが発生しました:
何かしらのソフトの依存関係でtexlive-baseがすでにインストールされてしまっているのでしょう。そんな時はインストールされたTeXLiveのパッケージをアンインストールすればOK
$ sudo apt-get purge texlive*
これをやったあとに
$ sudo dpkg -i texlive-local_2015-1_all.deb
とやれば無事に終わるはず。

参考
dpkg error when installing TeX Live in Ubuntu


texmf.cnfの編集
$ sudo gedit /usr/local/texlive/2013/texmf-dist/web2c/texmf.cnf

shell_escape_commands = \
bibtex,bibtex8,\
kpsewhich,\
makeindex,\
mpost,\
repstopdf,\
と書いてあるところを

shell_escape_commands = \
bibtex,bibtex8,bibtexu,pbibtex,upbibtex,biber,\
kpsewhich,\
makeindex,mendex,texindy,\
mpost,pmpost,\
repstopdf,epspdf,extractbb,\
に編集。これでextractbb (pngなどの画像を入れるときに必要) が自動で実行される。

TeX Wiki より引用
/usr/local/texlive/texmf-local/web2c/texmf.cnf を作成します.
$ sudo mkdir -p /usr/local/texlive/texmf-local/web2c
$ sudo touch /usr/local/texlive/texmf-local/web2c/texmf.cnf
/usr/local/texlive/texmf-local/web2c/texmf.cnf を編集します.shell_escape_commands を以下のように編集して保存します.
shell_escape_commands = \
bibtex,bibtex8,bibtexu,upbibtex,biber,\
kpsewhich,\
makeindex,mendex,texindy,xindy,\
mpost,upmpost,\
repstopdf,epspdf,extractbb
mktexlsr を実行します.
$ sudo mktexlsr



ArchLinuxの場合
$ sudo pacman -S perl-tk poppler-data
$ yaourt -S texlive-dummy
$ wget http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet/install-tl-unx.tar.gz
$ tar xvzf install-tl-unx.tar.gz
$ cd install-tl*
$ sudo ./install-tl -gui
以降は同じ

ISOからインストール(ネットワーク経由がうまく行かない場合)
TeX Wiki: TeX Live ISO ImagesのリンクかISOをダウンロード
$ sudo mount -t iso9660 -o loop hoge.iso /mnt
$ cd /mnt
$ sudo ./install-tl -gui
$ sudo tlmgr update --self --all

memo:
2013から ptex2pdf というのが使えるらしい。いまいちメリットを感じない。
Ubuntuのレポジトリに入っているTeXLiveでもいいが、公式のTeXLiveから入れたほうが管理が楽。

シンボリックリンクの追加・削除
TeX Live 2013
32bit
$ sudo /usr/local/texlive/2013/bin/i386-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2013/bin/i386-linux/tlmgr path remove

64bit
$ sudo /usr/local/texlive/2013/bin/x86_64-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2013/bin/x86_64-linux/tlmgr path remove

TeX Live 2014
32bit
$ sudo /usr/local/texlive/2014/bin/i386-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2014/bin/i386-linux/tlmgr path remove

64bit
$ sudo /usr/local/texlive/2014/bin/x86_64-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2014/bin/x86_64-linux/tlmgr path remove

TeX Live 2015
32bit
$ sudo /usr/local/texlive/2015/bin/i386-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2015/bin/i386-linux/tlmgr path remove

64bit
$ sudo /usr/local/texlive/2015/bin/x86_64-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2015/bin/x86_64-linux/tlmgr path remove

TeX Live 2016
32bit
$ sudo /usr/local/texlive/2016/bin/i386-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2016/bin/i386-linux/tlmgr path remove

64bit
$ sudo /usr/local/texlive/2016/bin/x86_64-linux/tlmgr path add
$ sudo /usr/local/texlive/2016/bin/x86_64-linux/tlmgr path remove

アップデート
$ sudo tlmgr update --self --all

TeX 用エディタの設定

0 件のコメント :

コメントを投稿